セダンDEキャンプ

セダンDEキャンプ

令和元年ついにキャンパーデビュー!

淡路島のリゾート ホテルアナガで癒される 

f:id:shizuku9:20190820111508j:plain
毎年、夏は淡路島の「ホテルアナガ」で過ごすのが恒例です。去年は年末もこちらで過ごして一年の疲れをとりました。美味しいフレンチと最高のおもてなしで落ち着けるリゾートホテルです。

淡路島のリゾートホテル ホテルアナガとは

淡路島の西南端、南あわじ市阿那賀に位置。ホテルの名前は地名に由来します。全室バルコニー付のオーシャンビューでレストランやプールからも大鳴門橋を望めます。

2016年には総料理長及び料飲部門の責任者として、コンラッド東京で活躍し、通算7年にわたりミシュランガイドにおいて一ツ星を獲得した前田慎也シェフが就任。漁港が近く、四季の新鮮な海の味覚が楽しめるのも魅力の一つで、食材そのものの味を活かしたフレンチを楽しみに美食家が集まる淡路島のオーベルジュです。
www.hotelanaga.com


場所

住所:兵庫県南あわじ市阿那賀1109

施設紹介

ホテル入口 
f:id:shizuku9:20190819154208j:plain

ロビー
f:id:shizuku9:20190819153507j:plain

ラウンジ 雑誌が置いてあるので食事の後にのんびり過ごすのもまたよし。
f:id:shizuku9:20190819153550j:plain

ショップ ホテルメイドのクッキーは美味しいのでいつも購入します。
f:id:shizuku9:20190819153627j:plain

2階ライブラリ
f:id:shizuku9:20190819153734j:plain

客室
スタンダードツインのお部屋はそう広くないですが、窓からプールと大鳴門橋が望めます。
f:id:shizuku9:20190819155256j:plain


娘がいつも楽しみにしているプール。客室が多くないのでハイシーズンでもそこまで混んでません。娘とパパは魚のように一日中プールに浸かっています。
f:id:shizuku9:20190819153828j:plain

プールのbarでカクテルもいただけます。かき氷もあります。昼から飲むカクテルは最高!私はあまり泳げないので、昼寝と読書と昼寝に勤しみます。
f:id:shizuku9:20190821132451j:plain

ジャグジー
f:id:shizuku9:20190819153952j:plain

f:id:shizuku9:20190820111351j:plain

f:id:shizuku9:20190820111427j:plain


夕食

夕食は「カドー・ドゥ・ラ・メール」で。「海からの贈りもの」という名の、フランス料理レストランです。「日本料理 阿那賀」も大変美味しいですが、美味しいフレンチを食べれる機会は貴重なので我が家はほぼフレンチです。素晴らしいソムリエさんがいらっしゃるのでワインの質も最高です。

夏は家族連れが多いのでフレンチといってもレストラン内は結構賑やかで安心します。子供にはミートスパゲティやハンバーグなどのお子様メニューも用意されています。個人的には淡路島の形を模したアナガバーガーが好きだったんですが今はやっていないようです。

前菜。
沢ガニのフライと岩に似せたパータシューにはハーブ系のクリーム。沢ガニはパリパリで美味しい!この自由な発想がいつも新鮮な驚きと感動を与えてくれるんですよね~。
f:id:shizuku9:20190819154245j:plain
淡路島玉ねぎを丸ごと
f:id:shizuku9:20190819154338j:plain
フグと生ハムだったかな?
f:id:shizuku9:20190819154407j:plain
魚料理は鱧。旬ですね~。衣の食感が面白いです。
f:id:shizuku9:20190819154436j:plain
淡路牛と玉ねぎソースをあわせると絶品!夏トリュフと丸いのが全て人参をくり抜いたもの。人参にもこんなに色があるのかと驚きました。
f:id:shizuku9:20190819154517j:plain
デザート
f:id:shizuku9:20190820111252j:plain
最後は紅茶とお好みのトリュフと生チョコをチョイス。娘はいつも最後に出てくるこのチョコレートが大好きで、キリュールを使用していないものをいつも多めにいただきます。カカオの産地やガナッシュがそれぞれ違ってどれも美味しいです。
f:id:shizuku9:20190819154613j:plain

食後はプールサイドで星空観賞。プールには丸い電球?が浮かんでいます。先程食べたトリュフみたいで可愛いです。
f:id:shizuku9:20190819155054j:plain


朝食

鳴門大橋を見ながら食べる朝食。こちらも洋食と和食が選べます。和食は結構定番のものが多いので、「カドー・ドゥ・ラ・メール」へ。
エッグベネディクトが有名です。その他の卵料理はポーチドエッグ、スクランブルエッグを選べます。私にはエッグベネディクトは重いのでスクランブルエッグを頼みました。他にも淡路島牛乳・ヨーグルト・手作りのジャム、ベーカリーバスケットなど。海を眺めながら朝から贅沢なひと時を過ごせます。毎日こんな朝食食べたいわ~!
f:id:shizuku9:20190819154914j:plain

パパと娘は朝からプールで泳いで、11時にチェックアウトしました。ホテルマンの「おもてなし力」の高さと絵画のように美しく繊細な料理で心身ともにリフレッシュすることができました。お世話になりました。

うめ丸ランチ

チェックインの後は、ホテルアナガのすぐ上にある淡路島うずしお温泉「 旅館 うめ丸」に移動してランチ&温泉です。

食べてばっかりや~ん!?

日帰りの利用で、専用の個室と温泉を利用できます。食事は部屋食なので本当にのんびりと過ごせてオススメ!

それぞれの部屋にはたこやらひらめやら名前が付いています。今回はわかめちゃん部屋。
f:id:shizuku9:20190820112855j:plain

広い和室。料理が来るまで娘と鬼ごっこ。笑
f:id:shizuku9:20190820112807j:plain

贅沢過ぎるお子様ランチ!
f:id:shizuku9:20190820113045j:plain

今日のお料理は鯛尽くしタイ!

鯛のお造り。明石海峡鳴門海峡の荒波で育った鯛は身が引き締まってます。
f:id:shizuku9:20190820113243j:plain

裏面で薄造り
f:id:shizuku9:20190821132536j:plain

写真を撮り忘れましたが、鯛の宝楽焼は絶品でした。

あら煮 これがまたご飯が進むくん。
f:id:shizuku9:20190821132603j:plain

有頭海老の天ぷら
f:id:shizuku9:20190821132631j:plain

温泉はこちら。
f:id:shizuku9:20190821132704j:plain

うずしお温泉は美人の湯と呼ばれています。炭酸水素イオンが豊富でお肌の表面を柔らかくし、古い角質や汚れを落として、お肌をふっくらスベスベにする作用があるそうです。
少しぬるぬるとした泉質で肌がすべすべになりました。肌だけ20代くらいに若返りたいわ~!

まだまだのんびりしていたいけど、昼食と温泉の後は徳島県「まぜのおか」オートキャンプ場へ向けて出発!何不自由ないリゾート地から野営への落差も楽しんじゃうよ!

キャンプの記事はこちらからどうぞ!
shizuku9.hatenablog.com


人気ブログランキング

まぜのおか オートキャンプ場 設営編

施設編に続き、移動&設営編です。

「まぜのおかオートキャンプ場」施設編はこちらをどうぞ!
shizuku9.hatenablog.com

出発!

この日は前日淡路島のホテルへ宿泊していたので
shizuku9.hatenablog.com
淡路島から徳島ICまで移動し、そこから海陽町「まぜのおか」までの下道えんやこらドライブがスタートしました。海陽町までは長い長い旅になるのでのんびり行きましょう。



途中、阿波牛の看板が目に入りミートショップふじおかというお肉屋さんへ立ち寄りました。住所:徳島県阿南市那賀川町島尻173
f:id:shizuku9:20190819102752j:plain
隣の牧場で育てている黒毛和牛を販売していました。これは切り落としですが、驚きの安さ!地元の人で賑わっているのも納得!肉質が良く美味しかったですよ~。
f:id:shizuku9:20190819102840j:plain


次に立ち寄ったのはパパがオススメだという日本のサグラダファミリア?徳島の廃墟カフェの大菩薩峠さん

少し異様な雰囲気。これでも普通にカフェ営業中。そして、提供しているのは定食だから驚き。インスタ映えスポットらしいですよ。ここで肝試しとかしたら面白そう。
f:id:shizuku9:20190819102913j:plain

その後は道の駅日和佐でまたまた休憩。ウミガメマカロンが可愛かったなぁ。
f:id:shizuku9:20190819102948j:plain

キャンプ場に到着!

太平洋を横目で見つつ、寄り道しながら3時間後!無事に「まぜのおか」へ到着~!途中整備された自動車道があるものの、さすがに遠かったわ~!キャンプ場に入るとまず目に入るワシントンヤシストリート、海、青々とした芝生がリゾート気分を高めてくれます!
f:id:shizuku9:20190819104717j:plain


設営

f:id:shizuku9:20190819105325j:plain
今回はAの電源付きサイトです。当日の朝に電源付きサイトにキャンセルが出たので変更していただきました。へっぽこキャンパーなので、夏は扇風機なしで過ごせません。ありがたや~。

芝生はふかふかでペグも打ちやすいです。地面に少し傾斜がありますが、広いのでテントを立てる位置と寝る向きを工夫すれば問題ないかな。今回はタープとテントの入り口を普段とは逆方向にして向かい側のサイトと向い合せにならないように設営してみました。

f:id:shizuku9:20190819105705j:plain

タンブラーを忘れて紙コップなのが悲しい・・。夏キャンプは蚊が多いイメージなんですが、しあわせの村もここも蚊がいないのに驚きました。トイレは管理棟のきれいなトイレを使用できるし、日が落ちてからは涼しいし、夏キャンプにしてはなかなか快適です!


夕食

f:id:shizuku9:20190818123032j:plain
設営後はお買い物へ。「サンシャイン モアナ店」で食材を、近くのコーナンで炭を購入しました。

キャンプ場に戻った所でBBQの用意スタート。

いつもは火起しと炭の処理が面倒くさいのでBBQはあまりやらないんですが

今回は秘密兵器があるのじゃ!

そう、ついに火起こし器を購入してしまいました・・・!また道具が増えてしまった。今回はチューブの着火剤を購入してみました。文化たきつけは凄く優秀な子だと思うけど、余った時の保存方法に困る~。ビニールを何重にしても臭いし周りに臭いがうつるし。あの量をその場で全て使い切るor廃棄が正解なのか!?

火起こし器と着火剤のお陰で火起こしの時短に成功!さらにハンド扇風機で下から風を入れると◎!最初のキャンプ時、隣のサイトの人が見るに見かねたのか火起こし器で火起こししてくれたの思い出すわ~。金さえかければいくらでもキャンプは快適になると思う今日この頃。次はエアーフレーム型テントが欲しいな。ぐへへ。

f:id:shizuku9:20190819110647j:plain

ミートショップふじおかの牛肉とサンシャインの阿波尾鶏達
f:id:shizuku9:20190819112645j:plain

焼きおにぎりと共にジュージュー。肉はジューシーで塩タンも美味しかったなぁ。
f:id:shizuku9:20190819112959j:plain

阿波尾鶏も踊ってる
f:id:shizuku9:20190819112818j:plain



食後はキャンプ場ぶらり旅へ
ヤシの木が南国ムードを演出しています。美味しそうな匂いが漂う夕暮れのキャンプ場の雰囲気好きです。
f:id:shizuku9:20190819113954j:plain

Cサイトの奥側、海のステージからは浅川湾の景色を望めます。キャンプ場から直接海には行けないので、海水浴は車で5分の大砂海水浴場へ。
f:id:shizuku9:20190819113347j:plain

散歩の後はスモアを愛し過ぎている娘とスモークチーズを愛し過ぎているパパのお待ちかね焚火タイム。
f:id:shizuku9:20190819113434j:plain

キャンプでは焚火の時間が一番好き❤

夏の焚火はサウナに近いものがありますが、冬に焚火をすると気持ちいいだろうなぁ。スモア好きの娘の為に今回は串も購入してみました。今までは割りばしに刺してマシュマロを焼いていた・・恥。短いからもうあついのなんの。この串だと安全だし、椅子に座ったままとろーりスモークチーズも出来て大満足。

星空観察

20時頃から星空観察のアナウンスがあったので参加してみました。星の説明をしてくれたり、天体望遠鏡で月、土星などを観察。木星も見たかったんだけど、雲でかくれんぼしちゃってそこで終了。残念でした。最後までいてくれたから天体望遠鏡撮影したら?と明かりをつけてくれたのでパシャリ。
f:id:shizuku9:20190819113502j:plain

娘は可愛い土星に大喜びで好奇心を大きく刺激された様子。帰宅してからパパは家の天体望遠鏡を引っ張り出してきて庭で木星を見てました。実体験を何より大切にしたい私としては大変有難い時間でした。星空観察会をしているキャンプ場はなかなかないので、是非参加してみて下さい。

その後はシャワーを浴びて、9時半頃に就寝。フリーサイトにも大勢人がいましたが、夜は大変静かでゆっくり眠ることができました。おやすみ~。



二日目

いつもは鳥のさえずりで目が覚めるけど、この日は鳥もセミもお盆休みか!?
f:id:shizuku9:20190819135552j:plain

朝食の後は管理棟でひと休み。ここの冷房は効きがよくてベンチで休憩する人がたくさん。一度入ると本当に出たくなくなります。笑
f:id:shizuku9:20190819141631j:plain
暑いので9時から撤収を開始して、ゴミを捨てて早々にチェックアウトしました。お世話になりました~!



帰りは少し寄り道して「23番札所 薬王寺」へ。四国に住んでいてもなかなかここまで来る機会がないので参拝しました。しっかり厄除け祈願してきましたよ~。
f:id:shizuku9:20190819135320j:plain

続いて鳴門の「大塚美術館」へ。紅白の米津玄師さん効果なのか凄い人!!入口からすぐのシスティーナホールにはLemonのスペシャル陶板も展示されいました。
f:id:shizuku9:20190819135356j:plain
小さな子連れで美術館は大変気を遣いますが、大塚美術館はその心配がありません。だって全部ニセモノ(陶板名画)だから!
f:id:shizuku9:20190819135432j:plain
しかし、表面の質感や、筆遣いを忠実に再現した名画を近距離で見て、触れることができます。モナ・リザと2ショット撮影がOKなのはここだけでしょう。大きさも原寸大なので迫力があるんですよね。原画の中のコスチュームが置いてあって仮装して写真を撮れるコーナーもありました。娘も美術の魅力を存分味わえたのではないかな。美術館をじっくり巡って帰路につきました。

一度行ってみたかったまぜのおかキャンプ場は想像通り素晴らしいキャンプ場だったし、徳島観光も出来て楽しい夏の思い出ができました。ご覧いただきありがとうございました。


人気ブログランキング

まぜのおか オートキャンプ場 施設編

徳島県 まぜのおかで1泊2日の夏キャンプ!

f:id:shizuku9:20190819102133j:plain

2019年8月まぜのおかオートキャンプ場で1泊2日のキャンプを楽しんできました。まぜの意味は南風、南方から来る風という意味だそう。まさに雄大な太平洋と空と心地よい風に抱かれた開放感のあるキャンプ場でした。まずは施設紹介からどうぞ。

場所について

住所:徳島県海部郡海陽町浅川西福良43
電話:0884-74-3111


所要時間
徳島ICから55号線を南下し、約2時間!海沿いの道をえんやこらと走ります。途中、整備された自動車道「日和佐道路」を通ったりしますので、比較的走行しやすいと思います。それでも遠いけどね。道の駅に寄ったりしつつ、のんびりいきましょう。

予約方法

予約開始時期:3ヶ月前の1日より開始。キャンプサイトや、住宅型コテージのご予約は電話のみ。最新版ではないようですが、予約状況はネットで確認できます。
電話:0884-74-3111

料金

サイト使用料
区画サイト電源付き:3,500円
区画サイト電源無し:3,000円
広場サイトA 広場外周駐車場、広さ約100㎡ 1泊1,500円 日帰り750円
広場サイトB 離れ駐車場、広さ約100㎡ 1泊1,000円 日帰り500円

施設維持費
大人:800円 小人:400円 幼児は無料

キャンセル規定について

当日にキャンセルされた場合は全額分を支払い。

近隣の買い物施設

スーパー「サンシャイン モアナ店」
住所:徳島県海部郡海陽町大里松ノ本28−1
キャンプ場は通り過ぎますが、5分程度でいけます。品揃えは文句なし。地魚やサザエなどの海鮮、地鶏の阿波尾鶏も豊富でした。
f:id:shizuku9:20190818123032j:plain
f:id:shizuku9:20190818123141j:plain
f:id:shizuku9:20190818123154j:plain

すぐ近くにホームセンターのコーナンがあるので、炭はこちらで購入しました。

管理棟について

f:id:shizuku9:20190818104629j:plain
管理棟は過去に火事で焼失し、その後平成29年に建て直したようです。ふんだんに木材が使用されており、大変綺麗で機能的な管理棟でした。

管理棟の前の駐車場に車を停めて受付をします。受付後に利用証と電源サイトの鍵とゲートのカードを渡されます。ごみの分別が細かいです。ゲートのカードはチェックアウト時に返却が必要。

今回はAサイトの電源付きです。最初は電源なしサイトしか取れなかったんですが、当日電源サイトにキャンセルが出たので変更しました。


受付カウンター前 8時~21時まで受付と売店は開いています。
f:id:shizuku9:20190818105046j:plain

売店 大体のものはあります。
f:id:shizuku9:20190818105138j:plain
f:id:shizuku9:20190818111050j:plain
地元のアイスクリーム
f:id:shizuku9:20190818110549j:plain
アルコール類
f:id:shizuku9:20190818111446j:plain

f:id:shizuku9:20190818110619j:plain
トイレ
f:id:shizuku9:20190818111118j:plain
室内なので清潔で虫がいないのが嬉しい。
f:id:shizuku9:20190818111134j:plain
管理棟のトイレは24時間使用できます。
f:id:shizuku9:20190818111149j:plain
コインランドリー
f:id:shizuku9:20190818111206j:plain
自販機が2つ ここの冷房が最高でみんなベンチで涼んでました。笑
f:id:shizuku9:20190818111737j:plain


場内MAP

f:id:shizuku9:20190818110232j:plain

各サイト芝の状態は良好です。
f:id:shizuku9:20190819105325j:plain

区画サイトA 11区画全て電源付き。管理棟に一番近いサイトです。きれいな管理棟のトイレを使用したい人はAがオススメ。サイトの広さは11m×11mで十分過ぎるくらいですが、若干傾斜がありました。頭に血がのぼらないように寝る向き注意。
f:id:shizuku9:20190818114726j:plain

区画サイトB 6区画が電源付き、12区画が電源なし。海のステージ側のトイレを利用できます。遊具で遊びたい子供がいる場合はB-1やB-17辺りもいいかも。
f:id:shizuku9:20190818114943j:plain

区画サイトC 8区画が電源付き、15区画が電源なし。CサイトとフリーサイトAの間に管理棟から海のステージまでを貫くワシントンヤシストリートが通っています。まぜのおかといえばこの景色ですね。C-1からC-8までの電源付きサイトは開放感があって、やしの木で南国ムードを味わえるかも。
f:id:shizuku9:20190818114154j:plain

フリーサイトはAとBがあります。駐車スペースとの距離が近いAが人気。利用者が少なく静かに過ごしたいのであれば奥のフリーサイトBがオススメ。

コテージ
f:id:shizuku9:20190818124647j:plain

炊事場

各区画に炊事場があり使い勝手がよいです。キレイキレイの手洗い石鹸を置いてくれているのが有難かったです。
f:id:shizuku9:20190818121720j:plain
f:id:shizuku9:20190818121748j:plain

BBQハウスもあります。
f:id:shizuku9:20190818124603j:plain

シャワールーム

区画サイトCの手前にサニタリーハウスがあります。7:00~22:00に利用可能。シャワー室の数も多く清潔です。ハイシーズンの21時前後は混むので順番待ちをしている人も。シャワーは5分100円。
f:id:shizuku9:20190818121201j:plain
f:id:shizuku9:20190818121215j:plain
ドライヤー完備。
f:id:shizuku9:20190818121234j:plain

遊具

海のステージ近くにちょっとした遊具があります。
f:id:shizuku9:20190818121940j:plain

海のステージからの景色

ステージからは浅川湾の景色を望めます。残念ながら、直接海には行けません。海水浴は車で5分の大砂海水浴場が人気です。海岸線では堤防釣り、磯釣りも楽しめるそう。
f:id:shizuku9:20190818122212j:plain

星空観察

夕食後に星空観察のアナウンスがあったので参加してみました。体育館を抜けた所の広場で開催してました。ボランティアの方がされてるのかな?星の説明を受けたり、天体望遠鏡で月、土星などを観察することができました。よい経験になりました。
f:id:shizuku9:20190818122146j:plain

その他

プールや体育館などもあります。災害時には徳島県南部の防災拠点となるそうです。

ここが素晴らしい!

★★★★☆ 星4つ
キャンプ場に入るとまず目に入るやしの木、海、青々とした芝生がリゾート気分を高めてくれます。さすが大規模高規格キャンプ場だけあって、各設備・管理棟・シャワールームは清潔で衛生面も安心できました。キャンプサイトの芝の状態、広さも文句なし。周辺では釣りや海水浴、シーカヤック、プールなどアクティビティも豊富。星空観察で見た煌く星や土星の美しさは子供の好奇心を大いに刺激してくれました。次回は2泊3日くらいでのんびりと楽しみたいキャンプ場です。

そして、このアクセスの悪さからか予約が取りやすいキャンプ場であることは間違いありません。連休でどこもかしこも埋まっているにも関らず、まぜのおかは比較的余裕があります。今回もお盆前でしたが、オートサイトでもいくつか空きのある所がありました。

ここが残念!?

高規格で素晴らしいのですが、ずばり遠い・・・!キャンプ場では大阪、神戸ナンバーが目立ちましたね。もう少しアクセスがよければ頻繁に来たい所。でも、来る価値はありますよ~。


設営編に続く。


人気ブログランキング

キッザニア甲子園 任天堂 ゲーム会社のお仕事体験をしました!

2019年7月に開始したばかりのゲーム会社を体験!

f:id:shizuku9:20190808155404p:plain

www.kidzania.jp


場所について

住所:兵庫県西宮市甲子園八番町1−100 ららぽーと甲子園
電話:0570-064-343


予約方法

WEB予約、プッシュホン予約、当日券があります。
今回は土曜日の第一部(9時~15時)をWEB予約しました。

料金はこちらから
www.kidzania.jp

平日第2部は色々なプランがあって、空いてそうなのでいつかチャレンジしてみたいですね。


朝7時前から並ぶ場合の入り口

開店前は入口が一カ所しかありません。臨港線側(A駐車場・駐輪場側)のお客様入口です。黄色い看板にキッザニア入口と表記があります。
車で走っていると搬入車用の横にA駐車場の表記があるので、そこで降りて一人だけ並びに行きましょう(受付番号を書いた紙か携帯は必須)
車は7時から駐車場に入れますが、入庫待ちはできないので注意。
f:id:shizuku9:20190809114746p:plain

私は間違って反対側に降りてしまい住宅街をひたすらダッシュしました。

朝7時カラナニヤッテンダロー・・ぜぇぜぇ。

こちらではありませんので注意。A駐車場の横の入り口から入りましょう。
f:id:shizuku9:20190809115415j:plain

黄色い看板から入り道なりに進むとキッザニアの入り口が見えてきます。並ぶ場所は行列ができてますのですぐ分かるはず。7時過ぎから整理券が配られ始めます。7時から並びましたが整理券は【47番】でした(この日は夏休み中の土曜日)
f:id:shizuku9:20190816134931j:plain

先頭グループは6時くらいから並んでいるのかな。7時に駐車場がオープンすると一気に人が増えます。A駐車場の中でもにロッカーや自販機辺りに車を停めると子供達は車で待てるし、移動距離が短く済みます。オープン前のトイレはキッザニアエスカレーターを上がった2階を案内されました。今回はゲーム会社の為に並びましたが人気の仕事が絶対したい!とかこだわりがないのであれば8時に来ても大丈夫ではないでしょうか。


その後は7時半頃に館内へ案内され、代表者が受付に並び、それ以外の人は番号順に並んで待ちます受付の時駐車券を忘れずに!この時、受付以外の家族が並ぶ場所で自分の受付番号を聞かれますので家族で共有しておきましょう。レジャーシートがあると楽ですよ~。この時既に2部の順番待ちの方が20名近くいらっしゃいました。キッザニアはある意味夢の国より過酷。
f:id:shizuku9:20190816134954j:plain

並んでいる間にお仕事ガードホルダーの移動販売があります。2018年にキッザニア東京へ行った時にあれば便利だと思ったので、甥っ子と娘に2つ購入。一つ1,050円です。

待っている間にキッザニアの本で希望のパビリオンの場所を覚えます。完全ガイドがあるとお仕事のイメージがしやすくよかったです。


入場開始

8時30分に入場開始です。

出口を出てエスカレーターで2階へと上がります。甥っ子とパパチームは任天堂のゲーム会社を予約→結果11時50分の予約ゲット!47番目でこの時間なのでまぁまぁかな?

娘とママチームは寿司屋に予約→結果9時45分の予約ゲット!

寿司屋は右方向、ゲーム会社は左方向と人が分散されている印象を受けましたね。ゲーム会社も寿司屋も50名くらいバーッと予約を受け付けて、その後一斉解散なので15分近く待たされます。途中トイレ等で抜けようとするとお仕事カードを一旦預かりますと言われます。後から入る子供達もお仕事ができるように配慮でしょうね。

ちなみに8時半の時点ではベーカリーは9時の回のみ募集でそれ以降の予約を受け付けていませんでした。8時半時点で予約ができるものと予約ができないお仕事に分けているようです。早々に受付が終了していたのはゲーム会社、すし屋、ピザ、はんこ、文房具など。人数の多いベーカリーは13時過ぎでも予約を受け付けていたのでゆっくりでも大丈夫そう。

任天堂 ゲーム会社のお仕事

お仕事内容としては、ゲームを遊ぶための新しいコントローラーを開発する仕事をします。Joy-Conというコントローラーの仕組みについて学んだあと、ほうき、ヘルメットなど身の回りにあるアイテムと組み合わせて、ジャイロセンサーを活用した新しいゲーム操作方法を考えます。自分で考えたオリジナルのコントローラーとゲームのプログラムを組み合わせ、テストプレイをします。発想力やチャレンジすることの大切さを知ることができます。とのこと。

ゲーム会社は1回40分6人のアクティビティです。まず、ボタンが可愛らしいデザインのユニフォームに着替え→説明→コントローラーと組み合わせるアイテムを選び→選んだアイテムにニンテンドースイッチのコントローラーであるジョイコンを取り付ける→カートゲーム→ゴールした順にプロカメラマンによる写真撮影→解散という流れ。

f:id:shizuku9:20190819094606p:plain

f:id:shizuku9:20190819094622p:plain

f:id:shizuku9:20190819094640p:plain

f:id:shizuku9:20190819094657p:plain


持ち帰れるものは自分の写真&名前入りゲームソフトケースとジョイコンを付けるダンボール。

f:id:shizuku9:20190816134519j:plain

普段スイッチで遊びなれている子であれば、コントローラーの仕組みなども理解できると思います。ただ、ゲームで遊んだことがなく年齢的に幼い場合は理解が難しいかもしれません。甥っ子のお目当ては任天堂だったので無事にお仕事ができて一安心。

ゲームクリエイターとしての豊かな発想とチャレンジ精神が少しは学べたのかな!?


他のお仕事について

娘は9時~「出版社」漫画家のお仕事。自分で書いた漫画を持ち帰れます。
f:id:shizuku9:20190816154552p:plain

9時50分~「すし屋」【予約】
f:id:shizuku9:20190817125700j:plain
消防署を予約した後に休憩スペースで試食。
f:id:shizuku9:20190817125730j:plain

10時55分~「消防署」【予約】
受付は2階なので注意!途中車で移動や放水があったりシャッターチャンスが多いです。
f:id:shizuku9:20190816154619p:plain

11時45分~「宅配センター」
これまた移動が多い。

12時30分~「マジックスタジオ」
定員が3名。最後に練習したマジックの発表があるのでビデオでしっかり撮影できるし、台詞も多いので一番子供の成長を感じることができました。オススメ。

空き時間で電子マネー手続き&軽食

13時45分~「ベーカリー」やはりフード系は間違いない。出来立てのクロワッサンは美味しかったです。
f:id:shizuku9:20190816154634p:plain

ベーカリーが14時27分頃に終了したので次のは無理だと思っていたんですが、隣のホースパークの最終回に参加できてラッキーでした。

14時30分~「ホースパーク 獣医師」馬がなかなかリアリティがあるし、勉強になります。最後の回はお仕事内容がやや駆け足気味です。
f:id:shizuku9:20190816154652p:plain

予約したお仕事が2つ、それ以外のお仕事が5つの合計7つのお仕事を体験できました。娘は希望していたお仕事は全て体験出来て大満足の様子。甥っ子はゲーム会社の予約時間があるので、なかなかやりたい仕事とのタイミングが合わず朝はアルバイトやピザを食べて時間をつぶしていました。

キッザニアは効率的に回らないと時間を無駄にしてしまうので、予約した仕事とすぐに入れる仕事の調整や、親のサポート力が必要です。

以上簡単にですが、キッザニア甲子園 ゲーム会社のレポートでした。


人気ブログランキング

しあわせの村 設営編 4日間の過ごし方

長いようで短い4日間の過ごし方

広大なしあわせの村 施設紹介はこちらから
shizuku9.hatenablog.com


神戸好きな我が家としては一度訪れてみたかった「しあわせの村オートキャンプ場」なかなか予約が取れなくて、唯一空いていた8月頭の週末を予約したのが2ヶ月前の話。

でも、せっかく兵庫県に行くしのんびりたいなぁ~

私の中の悪魔が囁き、1泊2日の予定だったキャンプを2日追加して3泊4日に変更しました。しあわせの村は関西ではかなり人気のあるキャンプ場だと思いますが、平日は8月のハイシーズンでもテントサイトはかなり余裕がありましたね。今回は夏休みで退屈している小学生の甥っ子も誘いました。1泊2日のキャンプしか経験したことない我が家。しかも、パパが合流するのは仕事が終わった金曜日の夜中。それまでは母子キャンプです。さてさて、どうなることやら。

1日目 さぁ、出陣じゃ~!

3日前に凍らせた麦茶のペットボトルだけをクーラーボックスに入れ、キャリーケースに着替えを投げ込み朝10時に家を出発!

途中、淡路島SAで休憩。快晴~!気温36℃!すでに眩暈がする暑さ。
f:id:shizuku9:20190807132154j:plain


昼食にザルそばを食べていた子供が一言。

ママ!見てハートだよ~❤


ただの薬味のネギにも映える要素はあるらしい❤

f:id:shizuku9:20190807132935j:plain

しあわせの村へ到着~!

阪神高速道路にドキドキしながらも、13時にしあわせの村到着!
島国の中のさらに島に住む私は高速道路運転恐怖症で走り慣れた四国と淡路島の島以外の高速を走ると手汗が止らないのです。三田方面はまだしも、生田川辺りはまず走れる気がしない。笑

広大なしあわせの村 施設紹介はこちらから
shizuku9.hatenablog.com


チェックインまで時間があるので本館のプールで遊びました。プールは25mプールと子供用プールがあります。プールは大人も水泳帽子必須ですが、無料の貸し出し帽子があるので大丈夫!子供用プールは浮き輪使用可能です。25mプールは使用禁止。監視員のおじさまはかなーり厳しくチェックされてます。プールの後はしあわせの村内をグルグルドライブしました。迷える子羊的にキョロキョロ運転。

オートキャンプ場へチェックイン

f:id:shizuku9:20190805142049j:plain
管理棟で受付用紙に住所、名前、電話番号などを記入して提出し、料金を支払います。3泊なので15,000円。神戸のホテルに泊まることを思うと格安!キャンプ場の説明書類とカードキーを受け取ります。このカードキーはサイト内に入る時、村を出る際の駐車券代わりと出番が多いので紛失に注意です。

オートキャンプ場はA~Cに分かれています。サイトは木があって日影になる場所もあれば、カンカン照り照りの場所もあるのでこればかりは運次第でしょうか。
f:id:shizuku9:20190805151331j:plain

今回は3泊するので、トイレに近いAエリアの端にしていただきました。やはり、すみっこ暮らしは落ち着くわ~。うちの子供は全く戦力にならないので、子供が車内でトイストーリー3のDVD鑑賞をしている間に設営完了!甥っ子にはフライシートをかける時に活躍してもらいました。


f:id:shizuku9:20190807143405j:plain

プール1時間の直後で体力マイナス、ママ一人、キャンプ6回目のピヨピヨ、サイトの地面バリカタ、15時設営の猛暑と悪条件が揃いましたが、少し日影があったのがせめてもの救い。休み休み1時間半でテントとタープ、中に荷物入れ込みまでできました。さすがに母子キャンパーは一人もいなくて、一人でタープ立ててるママもいるわけなくて、状況を客観的に見たらひとり笑ってしまった。

我が家のテントとタープはコールマンのインディゴレーベルです。今日も青空に喧嘩売ってます。この日はAに9組、Bに1組、Cに1組でしたね。隣のサイトが賑やかキャンパーだったのでBでも良かったかな。と設営後に思いました。

7月キャンプに引き続き「扇風機」を導入しましたが快適でした。この扇風機は左右に振れるし風は強力だし、コスパよし。

母子で3連泊は珍しかったのか、巡回中の管理人さんが近隣のオススメの場所やキャンプ場について雑談してくれた。パパ合流した翌日も窓口のおばさまがゲートは通れたかと心配してくれ人の優しさが染みたぜよ。

お買い物へ

今回は楽チンキャンプなので4日間の間料理はしませんでした。ママも夏休みじゃ~。
事前に調べていたスーパーの万代(マンダイ) 神戸星和台店へ買出しへ。車で6分程度です。住宅街の中にあるので、道が狭く入口を入り損ねてUターンしました。トホホ。
夕方だったのもあり、大変賑わっていました。魚介も肉も種類が豊富です。
f:id:shizuku9:20190808102647p:plain
惣菜コーナーでから揚げ、枝豆、天ぷら、ご飯類、お刺身盛り合わせ、お酒、氷、つまみ、翌日のパンなどを購入。地魚のお刺身が新鮮で美味しかったですよ。

食事の後はみんなで管理棟にシャワーを浴びに行き、さっぱりしました。ジャングル風呂に入る元気は無かった・・お風呂とプールのセット券を無駄にしたけど仕方ない。

ママ!焚火やろ~❤

うちの子供は真夏だろうと関係なく、焚火大好きっ子。特にスモアを愛し過ぎている。

頼む!今日は勘弁!マシュマロと共にママが溶けるわぁ・・

運転、プール、設営に疲れ切ってしまいみんなで20時就寝。体力を回復して、身体との友好関係を良好に保つことこそがこのキャンプでは最も重要なのである。

2日目突入!プールにケーキに焚火だよ

朝食の用意をしていると、テーブルに置いていたパンを目を離した隙にカラスに奪われる!初めてカラス被害にあいました。

パン返せーー!!

朝食後はサイトに出している荷物を軽く整理して、初めてテントに鍵をかけてみました。気休め程度かもしれませんが、防犯対策もやらないよりはいいでしょう。
f:id:shizuku9:20190808110928j:plain

涼しいうちにトリム公園で遊びました。オートキャンプ場を出てすぐ左に進み、デイキャンプサイトを越えた所にトリム公園かあります。2019年7月にロングスライダー(すべり台)が新しくなりました。夏はさすがに涼しい時間帯以外は厳しいと思いますが、快適な季節なら一日中楽しめますよ。
f:id:shizuku9:20190806100915j:plain

子供達が大喜びだったイカダ。何カ所かイカダあるんですが、ロープを手繰って向こう岸へ進ませます。これは大人も楽しかった!
f:id:shizuku9:20190806100858j:plain


少し公園で遊んで東条湖おもちゃ王国」へ出発!この時点でまだ7時30分。はやっ!
しあわせの村から東条湖までは車で50分!高速道路運転恐怖症なので、またまた手汗ダラダラでトラックの中をビビりつつ走りました。
東条湖おもちゃ王国は夏の間プールがあって6種類のプールとスライダーを楽しめます。
プールセット料金だと大人 2,100円、小人 1,300円。9時半開場だったので、待ち時間でネットからカードで支払い窓口でチケットと引き換えました。
平日の9時20分でこの行列。土日は多いでしょうね。
f:id:shizuku9:20190808110841j:plain
www.omochaoukoku.com

更衣室はそれぞれ個室になっていて素晴らしい。大変着替えやすかったです。ロッカーは更衣室を出たところにたくさんありますよ。

プールサイドにはポップアップテントがずらーっと並んでいました。我が家は常設しているテントの空いたスペースにレジャーシートを敷いて荷物を置きました。甥っ子は通常のスライダーや18mスライダーがお気に入りで10回程滑ってました。うちの子供は流れるプールが大好き。甥っ子がうちの子供の世話を何かと焼いてくれるのでママは楽させてもらいました。波のプールが11時30分に1回目あったんですが、これは楽しかった!浅瀬にいくほど激しい波が来るのでひっくり返りそうになるのが楽しくて子供も大人も大喜び。
f:id:shizuku9:20190808105802j:plain

売店の焼きそばやかき氷を食べて、ゴーカートなどの乗り物をいくつか楽しんで三田市へ移動しました。


次の目的地は「PATISSIER eS KOYAMA パティシエエスコヤマ
ここを訪れるのは3回目です。甘いものが大好きなのでついつい立ち寄ってしまいます。

f:id:shizuku9:20190808114104j:plain

季節限定 マンゴーのミルフイーユ
f:id:shizuku9:20190808114234j:plain

チョコレートシフォンケーキ
f:id:shizuku9:20190808114302j:plain


未来製作所
子供しか入れないので、子供記者に撮影を依頼しました。中も可愛い~❤
夢ふっくらはカスタードたっぷりで本当に美味しいのでお勧め。来るたびに子供に購入をお願いしてます。他にプリンやフィナンシェを購入してました。私も子供だったら行きたかったわ~。
f:id:shizuku9:20190808115105j:plain

甥っ子はチョコレート店の内装、雰囲気が衝撃だったようでよい刺激を受けたよう。翌朝のパン、マカロン、ショコラなどを大量に購入してしあわせの村へ戻りました。

2日目の夕食
夕食はしあわせの村の温泉センター内にあることことキッチンでいただきました。
f:id:shizuku9:20190808150252j:plain

ジャングル風呂に入った後、洗濯物を干してエネルギーは0に近いが、子供の希望で今日こそ焚火!火の付きが悪かったので、モミジバフウや落葉を集めて燃やしていると超現代っ子の甥っ子が「なんか大自然だね!!」とよく分からない衝撃を受けていた。見るだけで知った気になれるYouTubeよりも実体験を大切にして欲しいものだ。更にスモア、さきいか、チーズタラの炙りという渋いつまみの美味しさにも衝撃を受けていた。キャンプに連れてきたかいがある子じゃの~。
f:id:shizuku9:20190808150528j:plain

子供達が就寝した後、夜10時10分に三宮→しあわせの村行きのバスで仕事終わりのパパが到着。パパは「1日も早く行きたい!テントまで歩いていけるから全然大丈夫!寝てていいよ」とお気楽なことを言うけれど、バス停からテントサイトまでは歩けば15分以上。初見で暗闇では絶対たどり着けないと思いバス停のテニスコート前まで車で迎えに行く健気な妻。10時半にキャンプ場入口が閉鎖され車の通行ができなくなるのでギリギリセーフ。4人でコールマン インフレーターマット3枚を使用するのはさすがに狭く、子供達は寝ながらキックボクシングの戦いがおこなわれていた。

3日目突入!メインイベントのキッザニア

翌日は6時にキッザニア甲子園へ静かに出発!時間を気にせずのんびりとは真逆の超ハードなキャンプである。笑
しあわせの村からキッザニア甲子園は車で40分程度。パパがきたので高速道路の運転から解放されて嬉しい!エスコヤマのパンをもぐもぐしながら、甥っ子が2019年7月に新しくできたパビリオン「任天堂のゲーム会社」をするために7時から並びます。ひょえ~!
f:id:shizuku9:20190808155404p:plain
クロワッサンなど7つの職種を体験しました。
f:id:shizuku9:20190808155029p:plain

詳細はこちらから
shizuku9.hatenablog.com


夜は三宮の美味しいイタリアンを食べる予定でしたが、この日は花火大会の日だったようで交通規制に巻き込まれない内に村へ戻りました。白ワインとパスタが・・・。とほほ~。

しあわせの村の外にはあまり飲食店がないので、夕食は北区ひよどり台南町にある「いきなりステーキ」に決定!この隣には産直のめぐみの郷ひよどり台店や業務用スーパーがあってお買い物に便利ですよ。
f:id:shizuku9:20190809100759j:plain

みんなヒレのセットメニューにしました。サラダ、ご飯、ドリンクが付いてお得。普通のステーキソースより甘口ステーキソースが美味しかったです。
f:id:shizuku9:20190809100821j:plain

久々のガッツリ肉でエネルギー補給した後は、ジャングル風呂で疲れを癒し、休憩所で牛乳で乾杯し、わいわいハウスでお城を作り、日本庭園に迷い込み、またまた焚火をしておやすみなさい。
f:id:shizuku9:20190809102545j:plain
f:id:shizuku9:20190809102611j:plain

そろそろ家の布団が恋しくなってきたよ~

4日目!しあわせの村よさようなら

ついに最終日!8時半から早々に撤収し、12時前には四国入りしました。2日目までは母子キャンプでしたが、設営も子供の相手もなんとかなるもんだなぁと思いました。小学生高学年になっても4日間ついてきてくれて、子供の遊び相手になってくれた甥っ子には感謝。

今回はゆっくりキャンプを楽しむというよりは、観光&遊びの拠点としてキャンプ場を利用した感じですね。しかし、立地の良さだけではなく、たくさんの快適さと魅力が詰まったしあわせの村。設備が文句なしのキャンプ場、子供の好奇心や冒険心を刺激してくれた公園、疲れを癒してくれた広く快適な温泉にプール。まさにみんながしあわせになれるこの場所で4日間過ごすことができて、しあわせの村の大ファンになりました。ご覧いただきありがとうございました。


人気ブログランキング

広いぞ!凄いぞ!しあわせの村 オートキャンプ場の感想 施設編

f:id:shizuku9:20190805134014j:plain

しあわせの村 オートキャンプ場の感想!

2019年8月しあわせの村に3泊4日してきましたー!今まで1泊しか経験がないのにいきなり3泊4日!しかも、初日2日は母子キャンプ!さてさて、どうなることやら。

しあわせの村は205ヘクタールの広大な敷地内に、高齢者・障がい者の自立を援助する福祉施設をはじめ、宿泊施設、病院、運動広場、プール、温泉、芝生広場、日本庭園、キャンプ場などがあります。キャンプ場と言ってもオートサイト、デイキャンプサイト、テントキャンプ場(常設テント)の三種類があり、場所はそれぞれ独立しています。とにかく広い!その一言。敷地が広大過ぎて4日もいたのに全て把握できませんでした。笑

場所について

〒651-1106 神戸市北区しあわせの村1番1号

所要時間
しあわせの村ランプ下車すぐ。なんとしあわせの村は阪神高速道路と直結!三宮から車で約25分とアクセスが大変よいのが魅力。

予約方法

予約センター電話 : (078)743-8000(受付時間は午前9時から午後6時まで)
■受付開始日
65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方は9か月前の5日(※1サイトにつき1名様のご対象の方のご利用が必要)
それ以外の方は6か月前の5日。
直近3か月だとネットからも予約可能のようです。
サイトの指定は不可。(一応、希望は聞いてもらえるようです)
www.shiawasenomura.org

キャンセル規定について

前日20%、当日80%、連絡がない場合は100%
悪天候によるキャンセルの場合は、キャンセル料はかからないようです。

管理棟について

f:id:shizuku9:20190805151245j:plain

高速を降りて看板通りに進んでいくと、管理棟に着きます。キャンプサイトは3種類あってテントキャンプ場(常設テント)だと真逆に行きますので、デイキャンプ・オートキャンプ場を目指して下さい。受付の方が「キャンプ場にたどり着けない人からよく電話があるんや~」と話してました。確かに広い!移動に慣れてきた頃には帰宅のパターン。入口で係の人が案内してくれますので、管理棟前の駐車スペースに一旦停めて管理棟で受付をいます。子供の手が心霊写真みたい。笑
f:id:shizuku9:20190805142122j:plain

管理棟はこちら
f:id:shizuku9:20190805142049j:plain
チェックイン:15:00  チェックアウト:13:00
※チェックイン18時迄です。

受付用紙に住所、名前、電話番号などを記入して提出し、料金を支払います。キャンプ場の説明書類とカードキーを渡されます。キャンプサイトの入り口にはチェーンがあって、カードキーで開錠します。出る時は停止線まで進むと自動的にチェーンが下がります。
f:id:shizuku9:20190805142356j:plain
またこのカードキーはしあわせの村を出る場合に機械ゲートに入れると無料になります。宿泊中に高速に乗る場合はETCカードと一緒に渡す必要があります。出番の多いカードなので紛失に注意!!逆に村へ戻る場合には毎回機械ゲートから新規の駐車券をもらうのでたくさん貯まります。いらんけど。

キャンプサイトについて

A~Cに分かれています。Aが一番管理棟寄りでトイレや売店、シャワールーム近いので便利。Aから順に埋めていくようでAが一番賑やかでした。Bはトイレに近く平日は1組だけの利用だったので一番静かだったかな。ただし、土日はどこのサイトも人が多く賑やか。Cは車道が近いので車の音が気になる人は気になるかもしれません。

f:id:shizuku9:20190805151331j:plain

Aサイトの12番から管理棟方面をパシャ
f:id:shizuku9:20190806104312j:plain

◆全サイトに、AC電源、野外炉、水道、流し台あり
普通車サイト
■5,000円 約110平方メートル、32サイト

灰処理グッズ。助かります。
f:id:shizuku9:20190805144844j:plain

帰りにはAC電源をOFFにするの忘れずに
f:id:shizuku9:20190805144904j:plain

f:id:shizuku9:20190805144941j:plain

サイトによって状態は若干違いますが、私が利用した所はほぼ芝生がはげていて、地面がかなり固かったです。設営時は一人だったので、ペグがなかなか刺さらず苦労しました。またペグを一つ歪ませてしまう程、抜くのにも苦労しました。プラペグでは厳しいかも。サイトは広く、テントとタープを立てても全然余裕があります。サイトごとに外灯があるので夜でも明るく安心ですが、星は見えにくいです。

キャンピングカーサイト
■6,000円 約120平方メートル、13サイト

カラス・虫について

近くに水源がないので8月でも蚊は少なめだと思いました。蜂や蛾など大型の虫もほぼ見かけませんでした。ただ、ここの蟻はかなり巨大でしかも大量にいます。少しテントを開けるだけで蟻が数匹室内に・・。テーブルにも上ってくるので食べ物は要注意。後は、目を離した隙にテーブルのパンをカラスに取られました。とほほ・・・。賢いカラスがサイトの上とゴミ箱付近を巡回してます。みなさまご注意を。

設備について

トイレについて
管理棟とBサイトとCサイトの真ん中に2箇所あります。
f:id:shizuku9:20190805151331j:plain

↓はBサイトとCサイトの真ん中のトイレ
f:id:shizuku9:20190806103742j:plain
障がい者に優しいキャンプ場なので、女子トイレは身障者用とは別に洋式2つ和式1つありました。子供用便座も付いています。ありがたやー。

管理棟の近くにシャワーとランドリーがあります。
■温水のコインシャワー 1回5分 100円
f:id:shizuku9:20190805141947j:plain

■コインランドリー 洗濯機1回 100円、乾燥機1回 100円
f:id:shizuku9:20190805142001j:plain

管理棟の売店

色々販売しています。
f:id:shizuku9:20190806093847j:plain

ゴミ箱

写真の左部分がゴミ箱。ゴミ箱の設置数はかなり多いです。燃えるゴミ、カン、ビン、ペットボトル、灰捨て場、使用済みガスボンベに分かれています。
サイト近くにゴミ箱があり、こまめにゴミを捨てられたのでカラスに漁られる心配もなく安心でした。連泊だったので本当に助かりました。素晴らしい!
f:id:shizuku9:20190806094744j:plain

注意事項

■キャンプ場のゲート閉鎖時間は、22:30から翌7:00までです。
■緊急時以外、車の出入りは禁止です。
■後片付け、整理・整頓、ごみの持ち帰りにご協力願います。
■音響装置(カラオケ、楽器、拡声器など)のお持込はご遠慮下さい。
■ペットの同伴はご遠慮下さい。
■花火、直火、自転車などの乗り入れ、他のお客様の迷惑になる行為や危険な行為は禁止。
キャンプサイトへのお車の入場は、1サイトにつき1台だけです。


テントキャンプ場(常設テント)

f:id:shizuku9:20190806103439j:plain
オートキャンプ場からは少し離れます。道に迷っていたら常設サイトにたどり着きました。1テント800円と利用料は格安です。奥までは見れなかったので、ここは一度利用してレビューしたいですね。
f:id:shizuku9:20190806103225j:plain

デイキャンプ

f:id:shizuku9:20190806103457j:plain
オートキャンプ場の管理棟の左側にあります。昼と夜の2部制。タープがあります。BBQをする学生や親子でかなり賑わっていました。
f:id:shizuku9:20190806103536j:plain


お風呂事情 ジャングル温泉が凄い!

f:id:shizuku9:20190806094004j:plain

敷地内にしあわせの村温泉健康センターがあります。
※チェックイン時に割引券をいただけますので、それからお風呂へ行きましょう。
単純弱ラドンせんのジャングル温泉だそうです。
室内に木があり、ジャングルっぽい雰囲気のお風呂。露天風呂はありませんが、10種類のお風呂が楽しめます。少し熱めかな。広くて気持ちいいですよ~。
営業時間:午前10時~午後10時
最終受付 午後9時

お風呂の後は広い休憩スペースで牛乳を飲むのが恒例でした。
f:id:shizuku9:20190806095612j:plain

食事処

飲食関係の店が11店舗あるようです。凄い!!
www.shiawasenomura.org

初日の夕食に温泉の横にある「おやさいレストラン&カフェことことキッチン」を利用しました。淡路島玉ねぎを使用した牛丼をいただきました。
f:id:shizuku9:20190806095723j:plain

ソフトクリームの販売などもあります。六甲のソフトクリーム美味しそう!
f:id:shizuku9:20190806100032j:plain


買い物施設

●本館・宿泊館1階ニューヤマザキデイリーストア
お弁当、サンドイッチ、パン、サラダ、デザートなど。店舗内で焼き上げた焼き立てパンの販売。午前8時から午後8時まで 年中無休(ただし本館・宿泊館の休業日は休業)大体揃ってますが、お酒は扱ってません。メインはお弁当とパンみたいですが、お菓子やつまみもなかなか種類が豊富。31のアイスクリームもありましたよ。

●本館 しあわせマルシェ
野菜が豊富。調味料、冷凍食品、地元の名産など。アルコールはレジ横にビールと日本酒がある程度。
f:id:shizuku9:20190805134902j:plainf:id:shizuku9:20190805134938j:plainf:id:shizuku9:20190805134948j:plain

以下、村の外になります。

●万代 神戸星和台店
兵庫県神戸市北区星和台4丁目1−1
北口ゲートから出て6分程度。閑静な住宅街の中にあるスーパーですが、品揃えがよく大変賑わっています。惣菜やお刺身が新鮮で大変美味しかったです。夕方はレジが激混みなのと駐車場が狭いのが欠点かな。キャンプサイトの管理人さんも「あそこは地元の人にも人気なスーパーだよ」と言ってました。
f:id:shizuku9:20190805135348j:plain

めぐみの郷ひよどり台店
兵庫県神戸市北区ひよどり台南町2丁目7
南口ゲートから出て15分程度。産直です。さすが鮮度の良い野菜などが揃っていました。
f:id:shizuku9:20190805140403j:plain

業務スーパーひよどり台店
めぐみの郷の隣。最近の業務用スーパーの品揃えって凄いんですね。肉も豊富で質の良い三田牛が置いてましたよ。
f:id:shizuku9:20190805140115j:plain
f:id:shizuku9:20190805140133j:plain

ということで、買い物する場所には全く困りません!(^^)

トリム公園

トリム公園はこれまた広大な遊び場です。2019年7月にロングスライダー(すべり台)があたらしくなったそうです。オートキャンプ場を出てすぐ左に進み、デイキャンプサイトを越えた所にトリムパークがあります。
f:id:shizuku9:20190806101238p:plain

f:id:shizuku9:20190806100758j:plain
子供達が大喜びだったイカダ。ロープを手繰って進ませます。これは大人も楽しかった!
f:id:shizuku9:20190806100839j:plain

f:id:shizuku9:20190806100858j:plain

f:id:shizuku9:20190806100915j:plain
詳細はこちら
www.shiawasenomura.org
ここは間違いなく、一日中遊べます!大きいお子様ならテント撤収の時とか遊んでもらっててもいいかもしれません。

わいわいハウス

室内で遊ぶならここ!わいわいハウス。温泉のある所から本館方面に歩いていく途中にあります。児童書、ままごと、おもちゃなどが置いてます。古い児童館みたいな雰囲気。年齢制限なし。昼間は小さい赤ちゃんが多くて、19時過ぎは大体貸切でした。19時半まで空いているので、子供達は温泉の後楽しませてもらいました。室内の遊び場は夏は助かりますね~!19時半以降にはきちんと清掃の方がいましたよ。
f:id:shizuku9:20190806102546j:plain
f:id:shizuku9:20190806102600j:plain

日本庭園

本館の裏側に日本庭園があります。後楽園か栗林公園か!?という規模です。全て歩くと数時間かかりそう。
f:id:shizuku9:20190806102252j:plain
f:id:shizuku9:20190806102304j:plain
f:id:shizuku9:20190806102315j:plain
f:id:shizuku9:20190806102327j:plain
f:id:shizuku9:20190806102338j:plain

芝生広場

f:id:shizuku9:20190806103200j:plain

体育館

ここで卓球やバドミントンをしても楽しいかも。
f:id:shizuku9:20190806103904j:plain

本館ロビー

f:id:shizuku9:20190806104013j:plain

他にもプールや馬事公園、球戯場、ジム、テニスコートなどがあります。

ここが素晴らしい!

★★★★★ 星5つ
四国から高速で三田方面に行く際に毎回目にしていた「しあわせの村」の高速表示。怪しい宗教施設か!?と疑っていた自分を殴りたい。笑 4日もいたのに全て回りきれない程広大な敷地。同じ敷地内で宿泊、買い物、食事、温泉、遊び、学びが全て完結し、しかもこの規模は他にはないと思います。このスケールは実際に行かないと伝わらないかも。

オートキャンプ場の設備、環境面も文句なし。アクセス面も文句なし。子供・お年寄り・障がい者、誰もが楽しめる総合福祉ゾーン施設ということで、バリアフリーが整ったトイレやお風呂はもちろん、あらゆる部分に細やかな配慮がされていました。プールでは障がいのある子供達が笑顔で遊んでいましたし、車椅子のお年寄りがお風呂でリラックスする姿も見ました。本当にみんながしあわせな気持ちで過ごせる空間で素晴らしい施設だと思いました。子供は公園が気に入った様子で「しあわせの村は毎年行きたいね」と話しているほど。アクセスが良いので、またリピートしたいキャンプ場です。


ここが残念!?

特になし。唯一上げるなら地面が固いのと蟻が巨大なこと。

設営編に続く。


人気ブログランキング

ママキャンパーのメイク事情!?

f:id:shizuku9:20190729133601p:plain

 

一回目のキャンプの時、つけまつげを適当に放置していたらいつの間にか寝袋に毛が生えていた。キャンプでは他人と話す機会は受付の時くらいで、隣のサイトとは離れているので、大体の雰囲気は分かるけど顔までは分からない。第一キャンプに来ている人は他人の顔など気にしない。これが独身女子キャンプなら頑張っていただろう。色々と。ありのままの姿見せるのよ~♪

 

shizuku9.hatenablog.com


人気ブログランキング